海外直輸入USED品 新作多数 #3770 アメリカ ヴィンテージ コーヒーテーブル サイドテーブル ディスプレイ アンティーク 店舗什器 /allothogenic347488.html,ヴィンテージ,コーヒーテーブル,ディスプレイ,店舗什器,インテリア・寝具・収納 , テーブル , サイドテーブル・ナイトテーブル,mugihiro.com,サイドテーブル,アメリカ,【海外直輸入USED品】#3770,10164円,アンティーク 海外直輸入USED品 新作多数 #3770 アメリカ ヴィンテージ コーヒーテーブル サイドテーブル ディスプレイ アンティーク 店舗什器 /allothogenic347488.html,ヴィンテージ,コーヒーテーブル,ディスプレイ,店舗什器,インテリア・寝具・収納 , テーブル , サイドテーブル・ナイトテーブル,mugihiro.com,サイドテーブル,アメリカ,【海外直輸入USED品】#3770,10164円,アンティーク 10164円 【海外直輸入USED品】#3770 アメリカ ヴィンテージ コーヒーテーブル サイドテーブル 店舗什器 ディスプレイ アンティーク インテリア・寝具・収納 テーブル サイドテーブル・ナイトテーブル 10164円 【海外直輸入USED品】#3770 アメリカ ヴィンテージ コーヒーテーブル サイドテーブル 店舗什器 ディスプレイ アンティーク インテリア・寝具・収納 テーブル サイドテーブル・ナイトテーブル

海外直輸入USED品 新作多数 #3770 アメリカ ヴィンテージ 大好評です コーヒーテーブル サイドテーブル ディスプレイ アンティーク 店舗什器

【海外直輸入USED品】#3770 アメリカ ヴィンテージ コーヒーテーブル サイドテーブル 店舗什器 ディスプレイ アンティーク

10164円

【海外直輸入USED品】#3770 アメリカ ヴィンテージ コーヒーテーブル サイドテーブル 店舗什器 ディスプレイ アンティーク













商品説明

ヴィンテージのサイドテーブルです。
天板は化粧板、脚は木製で、推定1960~70年代頃のモノと思われます。
ソファーサイドやナイトテーブル、植物等のディスプレイなどにも良さそうです。
ご自宅や店舗什器にいかがでしょうか。


■サイズ

高さ44cm 天板直径43.5cm 脚幅45cm
※多少の誤差はご容赦ください


■コンディション


スレや小さなキズ、サビ、取れない汚れなど経年による劣化があります。
※元々の構造上か不明ですが脚が曲がってついている為、ガタツキがあります。
※詳細は画像をご覧ください



■配送

佐川急便 全国一律 送料無料

※ただし、沖縄県と離島は配送会社規定の送料となります。    



■決済

クレジットカード
銀行振り込み
代金引換(佐川急便eコレクト)
※代引き手数料が別途440円かかります。



■返品・交換

商品の返品および交換は承っておりません。
ただし、商品の欠陥や不良など、当社原因による場合、対応期間内に電話もしくはメールにてご連絡いただいたもののみ原則対応いたします。

商品到着後一週間以内にお電話ください。
良品との交換を希望されない場合は、お支払い方法に関わらず、ご指定の口座に返金いたします。

また、当該商品の返品および再送に要する送料等につきましても当社が負担いたします。


■注意事項


画像と実物の色は撮影のタイミングや端末のモニターにより、多少違う場合があります

撮影用に使用している小物類は対象外です。

商品の汚れは洗浄していますが、取れない部分もあります。また、雰囲気を残すため軽く洗浄する場合もあります。ご了承ください。


■その他

詳細や送料など、気になる点がございましたらお気軽にご質問ください。

商品の大きさにより、リサイクルの梱包材を使用する場合がございます。
ご了承ください。 

また、プレゼント包装は現在承っておりません。

まれに、お買い上げ直前に実店舗にて売れてしまう場合がございます。
誠に勝手ではございますが、その場合キャンセルをお願いいたします。

【海外直輸入USED品】#3770 アメリカ ヴィンテージ コーヒーテーブル サイドテーブル 店舗什器 ディスプレイ アンティーク

Biz∫が選ばれる理由

SHOWCASE

グループ企業会計におけるガバナンス強化に加えて、
販売・購買・在庫管理などを複合的に導入し、
バックオフィス全体の最適化を目指すお客様が増加。
Biz∫は製品強化に加え、サービス業や流通業、建設業をはじめとして、業界別の豊富なテンプレートを取りそろえ、様々なニーズに対応。

MORE

製品・サービス

PRODUCTS / SERVICES

バックオフィス全体の最適化を実現するため、AI、OCR、RPAなどの
デジタル技術を活用し、基幹系業務のさらなる効率化を実現

お知らせ

INFORMATION

MORE

すべて

MORE

お問い合わせ

CONTACT US